2階床木造トラスの試験組み


木造2階建事務所建築の木造トラスの試験組みに立ち会ってきました。


まずは部材が設計通り加工されているかチェック。コストダウンのため加工は極力シンプルにしているので、一見木造トラスの部材に見えません。いつも通りすべて住宅向けの規格材で構成しています。
今回は3DCADデータを当事務所で作成し、それを基に汎用加工機のデータを作成しましたので指摘無しの一発OKでした。


現場は狭小地のため、一般的な地組ではなく、柱を立てた状態で組めるのかを確認しています。
10mスパンで2階の事務所床を支え地震にも耐える構造です。

こちらは現場の基礎組みです。木造でもトラスフレームに地震力も負担させようとすると鉄骨造の様に基礎柱とアンカーフレームを組まなければなりません。中大規模木造は鉄骨造のノウハウも無いと構造設計するのが難しいといえます。