木造1時間耐火の告示仕様が施行されました

以前ニュースで取り上げた木造建築の1時間耐火仕様の告示(建告1399号第1 二号へ)が平成26年8月22日(金)付けの官報(号外第188号)で公布・施行されました。

 

内容はパブリックコメントの案と同じで以下の通りとなります。

内壁:強化石膏ボード二重張り(21mm+21mmなど合計42mm)

.   強化石膏ボード二重張り(21mm+15mmなど合計36mm)+ケイカル板8mm

外壁:内壁と同様の構造の上に外壁側を金属板・ALC・モルタル・しっくいとしたもの

 

階段や床の仕様がまだ定められていないため、今すぐ全木造の1時間耐火建築物を大臣認定無しに建築することはできませんが、大きな前進といえるでしょう。

 

官報の詳しい内容はこちらを参照→ 官報(号外第188号)


木造1時間耐火の告示仕様が施行されました” に対して 2 件のコメントがあります

この投稿はコメントできません。